喪服と平服の使い分け

冠婚葬祭の催しとして、弔事はお通夜と告別式に二分されます。お通夜にもお葬式にも喪服で参列するのがマナーと考えている人も多いですが、実はお通夜とお葬式は、異なる衣服で参列するのが正しいマナーです。お通夜は葬儀や告別式の前夜に行われることが多い、親族や親しい友人が集まって故人を偲ぶもの。告別式やお葬式は、その翌日の昼間に一般の弔問客を迎えて故人を送り出す催しです。

お通夜は故人が亡くなった翌日の晩に行われる場合が多く、参列者は「訃報を聞き、取り急ぎ駆け付けた」という体を表すため、喪服ではなく平服での参列が好ましいとされています。平服とは、男性であればスーツ着用の上で黒いネクタイ、女性の場合は黒か黒に近いスーツ、ワンピースを指します。平服は喪服ではありませんが、普段着と同じ意味ではないため、注意が必要です。お通夜の際に平服での参加が勧められるのは、お通夜の時点で喪服を着て参列すると、準備万端で訃報を待っていた印象を与えるためと言われています。

また平服で参列する場合も、動物革の小物や華美なアクセサリーを身に着けての参列は避けましょう。告別式・お葬式は、必ず喪服で参列することがマナーとされています。この場合、男女ともに光沢の無い黒無地の礼装を選び、女性の場合スカートの丈は膝下程度のものを選ぶことが大事です。バッグやアクセサリー、靴もブラックフォーマル向けのものに統一し、シンプルかつ礼装として失礼のない装いを整えましょう。