正しい喪服のマナーを知ろう

お葬式は思いがけないタイミングで起こるものです。必要な際に慌てないためにも、喪服は事前に準備しておく必要があります。しかし、実は喪服といっても注意すべき点がいくつか存在します。特に女性の場合は様々なデザインのスーツが販売されているため、葬儀にふさわしくないものを着用しない様に注意が必要です。

慶弔用いずれにも着用できるとされるブラックフォーマルは大変便利ですが、デザインや素材によっては慶事などの華やかな場向けに作られたものがあります。これらのスーツは若干黒色が薄く、華やかなレースや飾りが付いたものがほとんどです。そのため葬儀の場で身に付けると、周囲の装いと比べて浮いた存在になってしまいます。慶事・弔事の場で身に付ける礼服の中でも、喪服は葬儀の場で着用するものです。

お亡くなりになった方を見送る場では、深い悲しみを表す濃い黒色のスーツを選ぶ必要があります。また肌の露出を極力避ける必要がありますので、女性の場合はスカート丈にも注意する必要があります。そのため不安であれば慶事用と弔辞用のスーツをそれぞれ準備しておいた方が良いでしょう。ただしブラックフォーマルでも、デザインによっては喪服として着用することは可能です。

一般的に準喪服と呼ばれるスーツはブラックフォーマルが多いことから、華美な飾りがなく膝丈でシンプルなデザインであれば葬儀に着ていくことが可能です。慶弔用のスーツは中々着る機会がないことから、どちらでも使用できるスーツを選びたい方が多いと思います。兼用出来るスーツを購入する際には、ぜひこれらの情報を活用してみて下さい。